新聞社で出版する

自費出版を手伝ってくれる会社の一つに新聞社があります。
出版社に比べると、地方にもあるので比較的利用しやすいものになります。
地方の新聞社はもちろん大手の新聞社であっても地方に支社を持っているので、調べてみると家の近くにあるかもしれません。

新聞社で自費出版をするというイメージはあまりないかもしれません。
そのためきちんとした本が出版できるか不安な人も少なくないと思います。
しかし新聞社には出版部というものが存在し、出版社とほぼ同じ働きをしています。
出版社と変わらぬ本を作ってもらう事ができます。
絵本や写真集ももちろん作ってもらえます。
個人出版したいという相談にもきちんと応じてもらえます。

新聞社にも知名度があります。全国紙を作る会社は知名度が高いので、費用が高くなります。
地方の新聞社の方が比較的安く本を作ることができますが、基本的には出版社と同じくらいの費用がかかると思っておいた方がいいでしょう。

新聞社で本を作るメリットは出版社と同様にいい本を作ってもらえることです。
また書店にも本を並べることのできる流通ルートがあるのもメリットです。
もちろん大手の出版社であれば、名前がブランド力になることもあるのです。
個人で本を出すことは会社選びも大変ですが、地方の出版社であれば親身に話を聞いてもらえるところも多いでしょう。
出版社同様に綺麗な本を出してもらえるのであれば、近くの新聞社でつくるのもいいかもしれません。
  


Posted by jihisyuppan

ライティングとは

本を書く人にとって大切なのがライティング能力です。
個人で出版する場合でも、読み手にどれだけ自分の気持ちを伝えることができるかが大切になってきます。
相手に伝わる文章の方が多くの人に手にとってもらえる本になることは間違いありません。

自費出版をしたいという人向けにライティング講座を設けている会社があります。
本を書いた事のない人にとっては、何から書き始めたらいいのか分からないという人も多いのです。
まずはテーマを決めて、テーマに沿って項目を考えます。そしてどのような構成にするのか考えるのです。
いきなり文章を書き始めてしまうと、作文のような文章が出来上がってしまうので注意しましょう。

また、本を出したけど文章がうまく書けないという人にお勧めなのがライティングサービスです。
こんな本の内容にしたいと言うことを伝えると、それを文章にしてくれるのです。
自費出版はしたいけれど、文章に自信がない人にはお勧めです。
自分がどのような本を書きたいと思っているかというのをきちんと伝える必要があります。
あくまでも自分の本なのでまかせっきりというわけにはいきません。
相談しながら一緒に本を作っていくのです。
出来上がった文章が自分の考えていたものと同じか確認する必要もあります。
もちろん、ライティングをお願いすれば別途費用がかかることは言うまでもありません。
ただ個人で書く方が費用の負担も少なくなり、自費出版としての記念にもなると思います。
  


Posted by jihisyuppan

契約する上での注意

自費出版する上で、出版社が決まれば契約を結ばなければなりません。
納得してきちんと契約を結ばなければ、トラブルの原因になるので注意しましょう。
費用も安いものではないので、契約を結ぶ際にはきちんとした契約書を結びましょう。
個人が相手だからといって難しい内容の契約書にサインさせる場合がありますが、不明な点はきちんと確認することも必要です。
契約書の内容には刊行予定日や製本様式・制作費・支払い方法などなどたくさんの項目があります。
話した内容と間違いがないか確認しましょう。

契約書でトラブルになりやすいのが追加料金と本の編集です。
この2つに関してはしっかりチェックしましょう。

自費出版で本を出すからにはいいものを作りたいと誰しも思います。
そのため作っている途中でページ数を増やすなどの変更を入れてしまいがちです。
その結果、追加料金をとられてしまい、契約したときよりも多くの費用がかかってしまいます。
契約する際に、何を変更すると追加料金が発生するか確認することも大切です。

そして、本の編集もトラブルの元になります。
一番多いのは自分が思っていたのとイメージが違うということです。
また誤植や印刷ミスなど、様々な問題が生じる場合があります。
そういう場合に備えて、契約の際に校正やデザインの確認など細かい所まで話をすることが必要になります。
個人の場合は、契約書を確認してくれる人は自分しかいません。しっかり確認して、後でトラブルにならないようにしましょう。
  


Posted by jihisyuppan

自費出版のメリット

自費出版のメリットは誰もが本を書くことができると言う点です。
昔は商業出版が中心で、自費出版しても収益を得られないことから個人の場合だとなかなか出版を引き受けてくれなかったのです。
しかし今では商業出版だけでなく、自費出版も引き受けてくれる出版社が増加しています。

本の内容や程度には個人によって差がありますが、費用があれば誰でも出版ができるのです。
出版社や出したい本の種類によって費用はかなり異なり、数十万から数百万と差があります。
安い金額ではありませんが、頑張ればどうにかなる金額なのです。
本をどうしても出版したい人にとって自費出版はとてもいい方法なのです。

自費であるからこそ、好きなものが作れるというメリットがあります。
商業出版では編集者からある程度の意向を示されます。
出版社からお金をもらっているので、編集者の希望を聞き入れて本を書かなければいけないのです。
その点で、自費出版は制限がありません。自分の好きなものを書くことができます。
もちろん商業出版と違って時間の制限もありません。好きなとき書けるのもメリットの一つです。

他にも自費出版は起業家にとっても大切なものになっているようです。
自分が書いた本が書店に並んでいるということを相手に伝えるだけで大きな安心感を与えることができます。
宣伝効果もあり、顧客収得だけでなく業者との付き合いもスムーズにいくようになると言われています。
そのため起業家で自費出版する人は多いのです。
  


Posted by jihisyuppan

書店に並べる

自費出版をした際に、自分のためだけに本を書いたのであれば書店に並べる必要はありません。
しかし多くの人に読んでもらいたいのであれば書店に流通させる必要があります。
個人で頼んでも書店に並べることができないので、出版社と最初に契約する時に頼まなければなりません。
今はお願いすれば一般書店だけでなくオンライン書店にも流通させてもらえます。
最近では一般の書店よりもオンライン書店で本を探す方が手間も省けるため人気があります。
そのためたくさんの人が利用しているのです。書籍化する際にオンライン書店にも置いてもらった方がいいですね。

本の流通は出版社から問屋と言われる取次店、書店という順にまわり最終的に読者のもとに渡ります。
つまり出版社を通さなければ本を書店に並べる事はできないのです。
基本的に本は書店に並んでも、売れなければ返ってくるという委託制がとられています。
流通させる本の部数が多いほど、たくさんの人に見てもらえるチャンスが増えますが、取次店が部数の判断を行うため自分の希望通りにはいきません。
また書店の陳列も書店で決められるので、いい場所に置いてもらえるかどうかわかりません。

印刷した冊数、全てがいきなり書店に並ぶわけではありません。
その場合は出版社が在庫を保管してくれます。
ただし、保管料が発生するので注意が必要です。保管料は個人が自費でまかなうのです。
1年毎に、保管料を取る出版社もあるので最初に確認しましょう。
  


Posted by jihisyuppan

印税とは

本が売れると自分の手元に入ってくるのが印税です。
自費出版では50%の印税が入ってくるという言葉をよく目にします。
1000円の本が一冊売れると500円も印税が得られるのです。
新人作家などの印税はおおよそ3~10%と言われているので、50%がどれだけ大きな数かは分かると思います。
商業出版などと違い、自費出版は個人が全費用を負担します。
そのため会社が負担する費用が少なくて済むので、印税の占める割合が大きくなっているのです。

ただし印税は全てが自分のものになるわけではないので注意しましょう。
自費出版して手にした印税は個人の収入になるため、所得としてみなされるのです。
つまり源泉徴収所得税が引かれます。印税の総額から10%が引かれます。
印税から所得税が引かれ、消費税が加算された額が自分の手元にはいってきます。
また確定申告をすれば、払いすぎた分を返してくれます。

自費出版する際は所得税の管理を出版社がしてくれます。
基本的には出版社が印税から所得税を引いて預かっておいてくれるのです。
本を出版する際に、印税の所得税についても確認はしておいた方がいいでしょう。

ただ自費出版の場合、印税で費用をまかなうのは厳しいとされています。
印税で費用をまかなうためには値段にもよりますが、5000部程度の本を売る必要がでてきます。
さらに共同出版の場合は、宣伝費などを会社が負担するため、印税が5%を切ることがあります。
印税の期待はしない方がよさそうですね。
  


Posted by jihisyuppan

電子書籍

パソコンやインターネットの普及に伴って、自費出版の形にも変化が出てきています。
最近よく耳にするのが電子書籍の出版です。

電子書籍は通常の出版に比べて、印刷工程が必要ないのでかなり安い費用でできるのがメリットです。
無駄な紙を使用することがないので自然にも優しいと言われています。
自費出版で本を書店に並べると個人の負担はかなりの額になります。
例え書店に置いたとしても売れなかったら、儲けはなく出費のみになってしまいます。
電子出版であればインターネット上で本を出版し、多くの人に閲覧してもらえるかどうか事前に知ることができます。
書籍化にしても売れそうだと思えば本にすればいいのです。
つまり個人の負担を減らすことができるのも特徴です。
いきなり書店に並べるよりも、一度電子書籍で多くの人に読んでもらう方が書籍化してからも売れると言われています。

電子書籍の場合、本の値段も多くは自分で決めることができます。
印税はだいたい30%前後で書籍の場合に比べて少ないとされていますが、その分かかる費用も少ないので人気があります。
電子書籍を出版するのに安ければ、5万以下でできる所もあります。
もちろん、閲覧者の多いサイトに掲載してもらうのが一番売れやすくはなります。
さらにはパソコンだけではなく携帯のサイトに掲載してくれる会社もあります。
自分でサイトを立ち上げる人も中にはいるようです。
その場合は初期費用がかかりますが、後はずっと無料で本を出版することができます。
  


Posted by jihisyuppan

遺稿集や追悼集をつくる

故人を偲んで作られるのが遺稿集や追悼集です。
自費出版としても遺稿集や追悼集がよく作られています。

遺稿集は故人が生前の書物や日記などをまとめたものをいいます。
有名な作家などであれば、出版社がやってくれますが、一般の家庭ではそういうわけにもいきません。
日記などを遺稿集として残したい場合は個人で費用を負担して、本を作ってもらうしかありません。
日記や詩・俳句など様々なものを一生残る形にするために本を作るのは良い方法だと思います。
形見の品として大切にされるでしょう。

また追悼集は家族や友人・知人によって作られた本になります。
遺稿集同様に、追悼集も有名な方でなければ遺族が個人的に様々な方に言葉をもらい本にするしかありません。
自費出版という形であっても、本にできるだけの言葉をいただけるのは故人にとっても嬉しいことだと思います。
その故人の人柄が表れる一冊になるでしょう。

遺稿集も追悼集も出来上がった本を親しかった人に差し上げるという人も多いようです。
また遺稿集や追悼集は個人的なものであるため書店に並ばせたいという人がほとんどいないため安くできます。
さらに通常の自費出版に比べて、部数を少なく作ってくれる会社も多く、部数が少ないゆえに費用もあまりかかりません。
故人を偲ぶものなので、シンプルなのが好まれるのも費用が多くかからない理由の一つです。
大切な人を偲び、いつまでも残しておける一冊として自費出版はお勧めです。
  


Posted by jihisyuppan

絵本を作る

最近、子供だけではなく大人も絵本を読む人がたくさんいると言われています。
絵本ブームと言われたくさんの本が書店に並んでいます。
それに伴って自費出版をするという人もたくさんいるのです。
絵本と言っても子供向けや大人向けと対象を最初から分けて書く人も多いようです。
値段も安く10冊程度から絵本にしてくれるのが魅力の一つです。

物語から絵まで全て自分で書くこともできます。
描いた絵を業者に持っていけばスキャナーで絵を読み取ってくれそのまま絵本に使われるのです。
オリジナルの絵本が出来上がります。

絵本は難しい文章が必要でないため、誰でも描くことができるといわれていますが、自費出版するためには物語と絵を描く2つの能力が必要とされる大変な本なのです。
物語がかけても絵が苦手と言う人もいると思います。
しかしながら、プロではない限り絵だけを描いてくれる人はなかなか見つける事ができないでしょう。
個人的に、身近な人に頼むしかないのです。
例え、イラストレーターを探したり、会社で絵を描いてくれる人を用意してくれたりしてもかなり費用がかかるだけなので注意が必要です。
もしその絵本を書店に並べるつもりがないのであれば、絵が苦手であっても記念として描いてみるのもいいと思います。
個人用の絵本ができ、本当の意味でのオリジナルの絵本になるでしょう。

最近では親が物語を書いて、子供が絵を描いた絵本を自費出版するという人も増えています。
親子の記念にもなり、子供の成長が刻まれる一冊になることは間違いありません。
  


Posted by jihisyuppan

自費出版の種類

自費出版といっても、種類は様々です。
大きくは共同出版と個人出版とに分けられますが、書く本の部数や内容によってさらに細かく分けられます。
金額が一番大きく異なるのは部数によるものです。

一番安くできるのは、記念に本を作る場合です。
自分のためだけに本を作るのであれば、本の部数も少なくて済むため費用が抑えられます。
節目に自分史と言う形で本を残す人も多くいるようです。
書店に並ばなくてもいいと思っている人にとっては、少ない部数でも作ってくれる会社を見つけたいですね。
最低10冊から作ってくれる会社もありますが、多くの会社は費用の関係からも最低50冊という制限があります。
自費出版の中ではかなり少なく、費用も30万程度しかかからないため気軽にできます。
そして一番費用がかかるのが本格的な出版をすることです。
書店に自分の本を並べるより多くの人に読んでもらいたいと考えている人はある程度の部数が必要となってきます。
書店に並べるためには出版社の協力が必要なのです。そのため費用もある程度かさんでしまうのです。
値段は本の種類やハードカバー・ソフトカバーなどで異なってきますが、最低でも50万はかかると思っておいた方がよさそうです。
部数も書店に並べるためにはそれなりに必要になってきます。
少なくても200部や300部からの費用設定になっています。
個人負担であるため、予算によって部数はかなり左右されると思います。
表などを作成するだけでも追加料金がかかったりします。

自分が出したい本に合わせて、出版社を選ぶというのも大切です。
  


Posted by jihisyuppan